PAGE TOP

タキタン仲良し文庫

印刷する

美は乱調にあり

瀬戸内晴美(角川文庫・昭和44年)

Staff-Oh
 29歳のみじかい生涯を終えた伊藤野枝の評伝小説である。伊藤野枝の生い立ちから筆を起こし、登場人物は、平塚らいてう、辻潤、神近市子、大杉栄・・・である。舞台は、巣鴨、駒込、染井、中里、田端が多く登場する。

キーワード