大塚三業地

開業直後の大塚駅周辺に数軒の飲食店がありましたが、一日の乗降客数は10~50人くらいであり、飲食店の客ももっぱら近郷の農民たちであったといいます。

しかし、大正時代に入ると大塚駅周辺にも都市化の波が押し寄せ、大正中期には料理屋や芸妓屋が集中する花街が形成され、大正13年(1924)には駅南東方の7千余坪(巣鴨町地内)での待合まちあい営業が許可され、正式に三業地となりました(三業とは料理屋・芸妓置屋・待合の三業をいいます)。

大塚三業地はその後も隆盛を続け、昭和4年(1929)には駅のすぐ傍に白木屋百貨店の出張所(大塚分店)も開業、大塚駅の周辺一帯は城北地区有数の歓楽街として、広くその名を知られるようになりました(以上、「豊島区史」など)。

大塚三業地の賑わいは第二次世界大戦後も衰えず、昭和40年代までその繁栄を維持していました。その後は衰退の一途をたどりますが、往時の殷賑(いんしん)振りには遠く及ばないものの、現在も三業組合事務所(検番)の営業は続いています。

第70回 〈大塚〉地名は古墳に由来するか?(1)