カフェー紅緑

その店の女給に田島いね子という女性がいた。彼女も作家志望でかねてより芥川とも面識があった。また風貌などから文士達は彼女の虜になり、やがて窪川鶴次郎と結ばれ、窪川いね子の名で作家デビューすることになった。後に佐多稲子となり20世紀の日本のプロレタリア文学を代表する作家となる人物である

wikipedhiaより