PAGE TOP

Takipedhia

印刷する

十条跨線橋

東北線旧荒川橋梁

Staff-Oh
十条跨線橋は、東十条駅南口にある跨線橋。
 十条跨線橋は、明治 28 (1895) 年に架設された東北線旧荒川橋梁の四連トラス橋(複線100feetポニーワーレントラス(Warren truss)構造橋、英国コックレーン社製)の一連を昭和 7 (1932) 年の下十条駅(現東十条駅)開設に併せ、南口取付道路の一部として東北線を跨ぐ跨線橋として転用、竣工した橋である。通算約123年の永きに亘り、北区内外の交通の動脈を担い、また地域の産業振興や住民の安全な往来、電車乗降の利便等に貢献してきた。北区の産業及び交通に関わる遺産であり、北区の歴史を物語る貴重な存在である。
 本橋と同規模、同構造の東海道線旧六郷橋[多摩川、明治10 (1877) 年竣工、英国ハミルトン&ウインザーアイロン社製、2009年近代化産業遺産群・続33の540件の一つ]が「博物館明治村」(愛知県犬山市)に移設展示の上、列車運行に供されており、歴史的価値は同程度と言える。
出典:
「十条跨線橋の一部を歴史遺産として保存、展示する事の陳情書」(平成30年9月4日提出)より抜粋
 旧六郷橋については、 http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/116744/1

■トラス部分
トラス地上部
■斜材との接合部
ピン
■銘板 「COCHRANE&C・1895・ENGLAND」とある
銘板
■床版見上げ
見上げ

キーワード